冷静であること
今回の地震、津波などで亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りするとともに
救助を待つ方々が一刻も早く救われることをお祈りします。

今回の地震、私は近場の会社で仕事をしていて、揺れた時は、大きい地震だけれど
横揺れだし、2Fだからすぐ外に出られるし、1人ではなかったという事もあって
相当ひどく揺れるまで様子を見ていました。

停電がなかなか復旧しないので仕事にならないし、電車も動いていないようだったので
歩いて帰るなら真っ暗にならないうちに・・・と会社を出ようとしたところ
車で送ってもらえたのですが、信号も街の灯りもいっさいついていない道路は
交差点で事故が起こらないのが不思議なくらいでした。
それでも、その時は結構冷静でいられたのですが
今思うに、停電していたために被害状況が全く解らなかったからだと。

あまり遅く時間にならないうちに帰宅でき、幸運にもライフライン全て問題なく
ホッとしたのもつかの間、余震はあるし、TVで情報を知り
逆に怖くなってしまって、その夜はいつでも逃げられるよう洋服のまま
毛布をかけて床に寝転がってTVを見ながらウトウトしていました。

今日は外出予定があったので、イザという時に備えデイパックに水筒やタオル
少量の救急用品やお菓子を入れて出発。
電車の動く時間帯に合わせて動け、計画停電も実施されなかったので
こうしてPCに向かっていられますが、地元のSCは閉店、
開いているスーパーは外まで行列ができ、入場制限されていました。
私は入らなかったけれど、行った友人によると棚はガラガラだったとか。

こういう時って、本当に今なくては困らない状態であっても
カラッポの棚や、買い溜めする人を目の当たりにすると
買っておかないと大変な事になるのでは?と手に入らない事に不安になりがちで
私も、この数日で食料を買い足したり懐中電灯を探し回ったりしました。
でも、ふと冷静になればパンが買えなくてもお米を食べればいいし
小麦粉とドライイーストがあるから、お店の美味しさはなくてもパンもどきは作れるし
すいとんだってうどんだって、お好み焼きっぽいものもできる。
お米が足りなくなりそうなら、雑穀や豆を入れてカサ増しすればいい。
パンを!と思うから困ったー!となるけど、パンでなくちゃいけない事はないのだ。

「いつまで続くか解らない」という先の見えない状態というのは不安になりがちだし
不自由と思えば不自由だけど、被災地に比べれば全然不自由じゃないもの。
こういう時こそ落ち着こう。
必要以上に買い込まず、「手に入らない」と不満に思わず、工夫できる事は工夫する。
仕方なくではなく、「こうすればいいかも」とプラス思考で行きたいと思う。
[PR]
by do-loop | 2011-03-14 21:17 | days
<< それでも春は来る 小さなラッキー >>